インタビューメイン画像

商品開発管理課 Yuki Yamada

2018年入社。幼い頃から薙刀(なぎなた)を習い、体育学部武道学科を卒業。根っからの体育会系、美容好き。

目の前の人を笑顔にしたい。それは私も笑顔でいたいから

仕事風景 女性社員

会社のコンセプト「毎日鏡を見ることが楽しくなる日々を提供する。」に共感して入社を決意。

就職活動をしていたときに、就職斡旋会社からの紹介で知ったのがシーオーメディカルでした。私は、もともと美容やコスメに興味があったのも入社した理由のひとつですが、「毎日鏡を見ることが楽しくなる日々を提供する。」という会社のコンセプトに共感をしました。

私自身、笑顔でいたいと強く思っています。同じように目の前にいる人にも、笑顔でいてほしいと願っているので、少しでも毎日が楽しくなるお手伝いができればと思い、入社を決めました。まだまだ覚えることがたくさんの毎日ですが、できなかったことができるようになり、少しでも自己成長が感じられたときは「楽しい!」と思わず声に出してしまうほど充実しています。

どんなこともまずはやってみること。それが“シーオーイズム”です。

これまで私は、いわゆる「体育会系」で、先輩後輩の上下関係が厳しい世界にいたのです。私は入社してから、そことギャップがあることに驚きました。シーオーメディカルはアットホームな雰囲気で、代表の瀬出井をはじめ先輩たちとの距離も近く、発言しやすい環境があります。

そういった自分の意見が言える環境で仕事をしていると、私のなかにも大きな変化がありました。まずは考えて自分なりの最適解を出してから行動に移すことが私の行動パターンだったんです。しかし、ここで働くようになってから変わりました。まずは、動くこと。まずはやってみること。それが大事だということに気が付いたのです。

代表の瀬出井をはじめ、先輩の方たちはみんな前のめりになって仕事を行う人たちばかりです。そういう雰囲気に包まれ、私もシーオーメディカルの働き方を受け継ぎます。

商品開発から製造、販売まで一連の流れを経験できる職場。

インタビュー風景 女性社員

大学生のころからインターン生として、イベントのお手伝いをしたり、現在では商品開発管理課の一員として、新製品の開発に携わったりと、社会人歴に関係なく幅広い仕事を担当しています。

商品開発のセクションは、さまざまなサンプルを試す機会にも恵まれています。20代の私にとっては手が出せない高価な成分だったり、顔のパックにしてもいろんな素材を試したりできるのが、美容好きの私にとって楽しい瞬間なのは言うまでもありません(笑)。

女性が多い職場ですから、いろいろ試しながら意見を言い合って、本当に効果のあるものをお届けできるのは仕事の醍醐味だと感じています。今後は企画から開発、販促といった商品の一連の流れを経験していきたいです。