インタビューメイン画像

広報課 |主任 Kosuke Kawade

2014年にシーオーメディカルの社員第一号として入社。営業、CRMを経て、現在は広報を担当する。

元・芸人からゼロイチ起業家の右腕として

仕事風景 男性社員

お笑い芸人を卒業したときに、入社を決めたのが設立したばかりのシーオーメディカルでした。

私は、もともとお笑い芸人だったんです。若いときからお笑いの世界に身を置いて、芸を磨くことに情熱を傾けていました。ところが芸人10年目のときにその世界から足を洗うことを決意。自分の人生を考えたときに、ちょうど会社を立ち上げたばかりの代表の瀬出井と出会い、「ゼロイチ起業」に魅力を感じて会社員としての新たな道を歩むことを決めます。

シーオーメディカルに入社するまで、アルバイトはしていても会社で働いたことがない私です。そのときの瀬出井の心境を想像すると「よく私を社員一号に雇ってくれた!」と思いますが(笑)。とにかく、いっしょに働く瀬出井にとって右腕となるように、がむしゃらに仕事を覚えていきました。

たくさんの方が集まったビッグイベントで自社製品のプロモーション活動を実施。

2018年5月。広報の責任者としてひと際大きな仕事が飛び込んできます。それは渋谷の109で開催した「ふんわりルームブラ バスト計測」というイベントです。

俳優の山田孝之さんの力を借りて「一般の方のバストサイズを300名計測する!」という前代未聞の企画を実施しました。有名俳優が行うバスト測定はこれまで聞いたことがありませんよね。私たちが想像していた以上に世間の注目度が高くなり、瞬く間にSNSで拡散され、たくさんの人が集うイベントとなりました。
翌日は各局の情報番組で取り上げてくださるというありがたい結果となり、ふんわりルームブラのプロモーションは大成功したのでした。

これまで出会った人たちに恩返しをしたい――。ただそれだけの想いで前に突き進む。

インタビュー風景 男性社員

「ふんわりルームブラ バスト計測」の短い準備期間のなかで経験したことがないほど手間も時間もかかりました。ユニークなノベルティを製作してくださったデザイナーさん、SNS拡散用のハッシュタグを相談したインフルエンサーたちなど、これまで芸人時代から出会った多くの方の力を借りながら、やっとの思いで成功させることができました。また、その反面、私ひとりの力では何もできないことを痛感した出来事でもありました。

入社したときは瀬出井と私の2名だった会社も、徐々にスタッフが増え、事業規模が大きくなるにつれて応援してくださるお客様、関係者の方の輪も大きくなってきています。これからも、芸人時代から今に続く御恩を忘れずに、弊社の商品で笑顔になる人が増えるよう、新たなプロモーション活動を仕掛けていきたいと思います。ぜひ、楽しみにしていてくださいね!